灯油ボイラーの故障の症状や買い替え前に知っておきたい費用面について解説!

  • 住設ドットコムが選ばれる理由
  • LINEでも 簡単無料見積もり
  • 商品+工事のW保証 あんしん保証
給湯器交換インフォメーション

営業時間

カレンダー

店舗紹介

灯油ボイラーの買い替え前に
気になる費用面について解説

灯油ボイラー(石油給湯器)の寿命は一般的に10年程度といわれ、特に故障と思われる症状が出た場合は買い替えを検討する必要があります。買い替えの際にまず気になるのが費用面。灯油ボイラー買い替えにかかる費用は「ボイラー本体+設置工事費用」です。
このページでは灯油ボイラー買い替えのサインとなる症状や事前に知っておきたい費用面について解説します。

灯油ボイラー故障の症状

石油ボイラー故障の症状には以下のものが挙げられます。

  • ・異音・以前より音が大きい
  • ・お湯がぬるい
  • ・本体から油が漏れている
  • ・本体から煙が出る
  • ・異臭がする
  • ・水漏れがする
  • ・火がつきにくい
  • ・リモコンエラーが起こる

これらの症状が起こった際は買い替えをおススメします。

設置工事費用について

灯油ボイラーの基本設置工事費用について、多くの施工業者では「本体設置作業」「配管切除・接続作業」「試運転」「ボイラー撤去」「出張費」が含まれています。またエコフィールは配管の長さにもよりますが、ドレン排水工事も含まれます。

ただし現在お使いの配管や水栓などが劣化しており部品の交換等が必要な場合は、別途交換費用が発生します。また、以下の場合についても追加の工事費用が発生しますので、事前に調べる確認する必要がございます。

逆配管の場合

[逆配管の場合]

給水・給湯が逆になる場合、配管の延長工事が必要です。

設置場所が狭く1人での作業が困難

[設置場所が狭く1人での作業が困難]

都心部に多いですが、ボイラーの設置場所が狭く、取り替え・搬入作業に手間がかかる場合は追加の費用が発生します。

据置台などに設置されている場合

[据置台などに設置されている場合]

交換前のボイラーが据置台などに設置されている場合、大半の新しく設置するボイラーは幅が広くなるため専用の据置台が必要です。据置台の商品代金と取付費が発生します。

この他にも設置場所の変更や現在と排気形式の異なる灯油ボイラーをお選びになった場合もさらに工事費用がかかります。そのため、現在と同じタイプの灯油ボイラーをお選びになるとそのままの交換で済み工事費用を抑えることができるのでおススメです。

エコフィールに買い替えて灯油代をお得に

年間79リットルの灯油を節約

エコフィールはボイラー本体・基本工事費用ともに従来式の灯油ボイラーに比べると買い替えの際の費用がかかりますが、年間79リットルの灯油を節約という設置してからのランニングコストを抑えることができるので、長期的に見るとお得です。

灯油ボイラー(石油給湯器)を探す

設置場所やオートフルオート、機能や能力など、条件を指定して商品を絞り込めます!またその商品を工事込みで見積依頼もカンタン!無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ

HOME
Copyright (C) 2003- 蓄電池やエコキュート・給湯器の交換工事なら住設ドットコム All Rights Reserved.