レンジフードの寿命についてご紹介!

  • 住設ドットコムが選ばれる理由
  • LINEでも 簡単無料見積もり
  • 商品+工事のW保証 あんしん保証
  • 協力工事店様 大募集!
レンジフード交換インフォメーション

営業時間

レンジフードの寿命について解説

レンジフードの寿命について解説

キッチンのレンジフードは通常、約10年から15年の寿命があります。劣化のサインとしては、吸引力の低下や異音などがあります。このページでは、レンジフードの寿命と交換時の兆候について簡潔に解説しています。

レンジフードについて

レンジフードの寿命

レンジフードの寿命

レンジフードの一般的な寿命は「約10~15年」と言われています。それよりも少し早く、設置から7年~8年ほどで本来持っていた性能が段々と下がっていき、10年ほどで寿命を迎えるものが多いです。

使用状況やお手入れの仕方、頻度にもよりますが10年以上使用したレンジフードは見た目に異常がなくても、換気能力は著しく低下していたりします。突然故障する前に、小さな不具合を見逃さずに交換することをお勧めします。

交換のサインを見極める方法

では、レンジフードの交換のサインはどのようなものしょうか。以下が代表的な異常です。

運転中の音

運転中に異音がするというのが一番気づきやすい経年劣化による異常です。一度お掃除をしてみても鳴りやまない、会話やテレビの音が聞こえない程の異音がするならば交換時期と言えます。まだ年数が経っていない場合は部品の交換で改善できるかもしれません。

排気能力の低下

キッチンや室内に臭いや煙がこもりやすくなった。あるいは壁や天井が油っぽくなった。そんな時は排気能力が低下しています。一度お掃除をしてからティッシュペーパーや薄い紙を1枚近づけます。ピタッと吸い付かないようであれば弱まってしまっている証拠です。

激しく振動している

運転時にガタガタと激しく振動している場合は交換がお勧めです。ネジが緩くなっていている場合は、一度ネジを締めて、それでも振動している場合は、交換することをお勧めします。

最新のレンジフード

最新のレンジフード

レンジフードは汚れを溜め込まないために、頻繁な掃除が必要でしたが、最新のモデルはメンテナンスが格段に簡単です。フィルターレスで掃除しやすいタイプや、油煙を効率的に吸い取り、素早く排出する清流板を備えたモデルなどがあります。これらは忙しい方や掃除を少なくしたい方に最適です。

なお、レンジフードのDIY交換は屋内配線作業が伴うため電気工事士の資格が必要です。専門的な工事も住設ドットコムにお任せ!

ネットで見積限定!今だけお得!3000円割引 LINEから見積依頼もOK!