レンジフードにかかる電気代・節約方法を解説ご紹介!

  • 住設ドットコムが選ばれる理由
  • LINEでも 簡単無料見積もり
  • 商品+工事のW保証 あんしん保証
  • 協力工事店様 大募集!
レンジフード交換インフォメーション

営業時間

レンジフードにかかる電気代・節約方法を解説!

レンジフードにかかる電気代・節約方法を解説!

レンジフードの使用に伴う電気代が気になることはありませんか?このページでは、「レンジフードの電気代がどれくらいかかるのか」、そして「電気代を節約する方法」について詳しく解説しています。レンジフードの効率的な使用方法を知り、コストを抑えましょう。

レンジフードの電気代は安い

レンジフードにかかる電気代は、次のように計算されます。

電気代 = 消費電力 ÷ 1000 × 使用時間 × 電気単価料金

消費電力とは、電化製品のエネルギー使用量を表す単位で、ワット(W)で表示されます。レンジフードもこの単位を用いて消費電力が計測されます。消費電力を計算する際、使用時間は「時間」を基準とします。また、電気料金は電力会社によって異なりますが、例として関西電力の場合はおよそ1kWhあたり20円から28円です。

レンジフードの電気代を計算してみると、1ヶ月間24時間連続で稼働させた場合、メーカーによる差はあるものの平均で約550円程度になります。エコタイプのモデルを使用すると、さらに電気代を削減でき、1ヶ月あたり100円以下になることもあります。

レンジフードの電気代を安くする方法

レンジフードのボタンに「常時」がある場合

レンジフードのボタンに「常時」がある場合

レンジフードに「常時」ボタンがある場合、この機能を利用すると電気代を節約できます。「常時」モードではレンジフードが持続的に換気を行い、電力消費が「弱」、「中」、または「強」モードを使うよりも少なくなります。このため、電気代が抑えられるのです。もしレンジフードに「常時」ボタンがあれば、電気代節約のために使用をお勧めします。

レンジフードのボタンに「常時」がない場合

レンジフードのボタンに「常時」がない場合

レンジフードに「常時」ボタンがなければ、「弱」で24時間換気しましょう。「強」や「中」でレンジフードを使うとレンジフードの電気代が、1.2倍から2倍近くまで上がってしまいます。

電気代が高くなったら

電気代が高くなったら

もし、電気代が高くなってしまったら・・・その原因はレンジフードではありません。他の電化製品を見直してみましょう。

ネットで見積限定!今だけお得!3000円割引 LINEから見積依頼もOK!