ビルトインガスコンロの種類、特徴からぴったりのガスコンロが見つかります!見積もり依頼も受付中!

  • 住設ドットコムが選ばれる理由
  • LINEでも 簡単無料見積もり
  • 商品+工事のW保証 あんしん保証
ガスコンロ交換インフォメーション

ガスコンロカテゴリー

天板サイズから探す

営業時間

カレンダー

店舗紹介

ガスコンロの選び方

こちらのページでは、ビルトインガスコンロの『種類』や『特徴』から、おすすめのビルトインガスコンロをご紹介します。

天板のサイズ(横幅)から選ぶ

天板のサイズ(横幅) 60cm幅

天板のサイズ 60cm

天板のサイズ(横幅)が60㎝で、標準サイズです。75㎝幅と比べて商品の価格が安い傾向です。60cm幅の場合は、調理スペースを広く使えます。

天板のサイズ(横幅) 75cm幅

天板のサイズ 75cm

天板のサイズ(横幅)が75㎝で、60㎝幅と比べ天板の横幅が広い仕様です。60㎝幅に比べて商品の価格は高い傾向です。
75cm幅の場合、天板とバーナーの間隔が広く、左右両方のバーナーを使って調理をするときもゆとりがあります。

天板の種類から選ぶ

こちらではビルトインガスコンロの天板の種類ごとの商品ラインナップをご紹介。ホーロー、ガラスコート、ガラストップ、アルミトップ、ステンレスなどの天板の種類から商品が探せます。
※機種によっては、天板の種類が複数ある場合もございます。

天板の種類

天板の種類:ホーロー

天板の種類:ホーロー

ホーロートップは、丈夫で耐久性にすぐれています。お手入れ性ではガラスやガラスコートに劣りますが、他の素材に比べ価格が安いものが多いので価格重視の方におすすめです。

天板の種類:ガラスコート

天板の種類:ガラスコート

ガラスコートトップは、ホーロー用鋼板にガラスコートをかけた天板で、鋼板の丈夫さとガラスの光沢感、美しさがあります。

天板の種類:ガラストップ

天板の種類:ガラストップ

美しい光沢のガラストップは、強度ではホーローに及ばないものの、耐久性・耐熱性にも優れ、お手入れが簡単で人気の種類です。

天板の種類:アルミ/ステンレス

天板の種類:アルミトップ、ステンレストップ

アルミトップ
熱を分散させやすいアルミ素材の天板で、バーナーまわりの焦げ付きが起こりにくい素材です。

ステンレストップ
業務用のようなシンプルなデザインで個性的な天板です。

どちらも種類が少なく価格は高めです。

バーナー口数から選ぶ

ビルトインガスコンロのバーナー口数は、2口か3口のいずれかになります。現在は3口コンロの方が一般的で選べる機種が多い傾向にあります。

  • 3口コンロ
    種類・特徴:バーナー口数:3口コンロ

    手前にある左右のバーナーに加え、奥にバーナーを備えたタイプが3口コンロです。同時に3口のコンロを使って料理ができるのでとても便利です。

  • 2口コンロ
    種類・特徴:バーナー口数:2口コンロ

    2口コンロは、3口コンロと比べて機種も少なく、操作部も、機能もシンプルな仕様となっています。

コンロの種類から選ぶ

ガスコンロには大きくわけて、ビルトインコンロとテーブルコンロ(据置コンロ)の2種類があります。

ビルトインコンロとテーブルコンロ

コンロの種類:ビルトインガスコンロ

ビルトインガスコンロ
ビルトインガスコンロは、システムキッチンの天板に埋め込まれるように設置されたガスコンロです。

コンロの種類:テーブルコンロ

テーブルコンロ
テーブルコンロ(据置コンロ)は、独立したコンロ台の上にガスコンロが乗っているタイプです。

AC100V電源タイプを選ぶ

乾電池を使って点火などを行う通常のビルトインガスコンロと違い、コンセントに繋いで使用するAC100V電源タイプの機種があります。

ビルトインガスコンロ AC100V電源タイプ

AC電源100V電源タイプのビルトインガスコンロを設置する際には、コンロ下に専用のコンセントが必要になります。

HOME
Copyright (C) 2003- 蓄電池やエコキュート・給湯器の交換工事なら住設ドットコム All Rights Reserved.