ビルトインガスコンロの選び方をわかりやすくご紹介!

  • 住設ドットコムが選ばれる理由
  • LINEでも 簡単無料見積もり
  • 商品+工事のW保証 あんしん保証
ガスコンロ交換インフォメーション

ガスコンロカテゴリー

天板サイズから探す

営業時間

カレンダー

店舗紹介

check1まずは現在お使いのコンロをチェック!

ガスコンロにはコンロのタイプやガス種など種類がいくつかあります。まずは現在お使いのガスコンロがどのタイプなのかご確認ください。

1コンロの設置タイプを確認

ガスコンロの設置タイプには、ビルトインコンロやテーブルコンロなどいくつか種類があります。設置タイプによっては、ビルトインコンロに交換が難しい場合があるため注意が必要です。

  • ビルトインガスコンロ
    選び方:設置タイプ:ビルトインガスコンロ

    ビルトインガスコンロは、システムキッチンの天板に埋め込まれるように設置されたガスコンロです。ビルトインガスコンロへの交換は可能です。
    ※現在コンロ下にオーブンがある場合は、別途選び方がございます。(「②コンロ下のガスオーブンの有無を確認」参照」)

  • テーブルコンロ
    選び方:設置タイプ:テーブルコンロ

    テーブルコンロ(据置コンロ)は、独立したコンロ台の上にガスコンロが乗っているタイプです。ビルトインガスコンロへの交換はできません。

  • セクショナルキッチン
    選び方:設置タイプ:セクショナルキッチン

    セクショナルキッチンでコンロ台とガスコンロが一体化した特殊なタイプです。こちらの場合はまずお問い合わせください。

2コンロ下のガスオーブンの有無を確認

現在お使いのビルトインガスコンロの下にガスオーブンがあるかどうか、または収納庫かご確認ください。

  • コンロの下に
    ガスオーブンがある場合
  • コンロの下が
    収納庫の場合
コンロの下にガスオーブンがある

ビルトインガスコンロの下に、ガスオーブンが設置されている場合には、ガスコンロの交換と同時にガスオーブンをどうするか検討する必要があります。

1.既存のガスオーブンも交換する

ビルトインガスコンロの交換と同時にガスオーブンも交換する場合、新しく設置するビルトインガスコンロとガスオーブンは同じメーカーをお選びください。

2. 既存のガスオーブンをそのまま残す

お使いのガスオーブンを残してビルトインガスコンロのみを交換する場合は、既存のビルトインガスオーブンと同じメーカーのビルトインガスコンロをお選びください。

3.既存のガスオーブンを収納庫に変更する

お使いのガスオーブンをはずして収納庫にする場合には、どのメーカーのビルトインガスコンロでも交換が可能です。

コンロの下が収納庫

ビルトインガスコンロの下が収納庫の場合には、お使いのビルトインガスコンロのメーカーにこだわらず、どのメーカーのビルトインガスコンロにも交換が可能です。
※詳しい設置可否についてはお見積りの際にさせていただきます。

3ガス種(都市ガス・プロパンガス)を確認

一般の家庭で使用されているガスの種類には、都市ガス(12A・13A)と、プロパンガス(LPG)があります。このガス種に応じてビルトインコンロの仕様にも違いがあり、ガス種に合った機種を選ぶ必要があります。

  • 都市ガス
    選び方:ガス種:都市ガス

    都市ガスをご使用の場合には、都市ガス対応のガスコンロをお選びください。

  • プロパンガス
    選び方:ガス種:プロパンガス

    プロパンガスをご使用の場合には、プロパンガス対応のガスコンロをお選びください。

check2コンロを選ぶ際のポイントをチェック!

ビルトインコンロを交換する際に、ガスコンロの選び方となるポイントをいくつかご紹介します。

1天板の種類について

ビルトインコンロの天板には様々な種類があります。それぞれ素材の価格や特徴などが異なるので、天板を絞ってガスコンロを探していくと選びやすくなります。

ビルトインガスコンロの天板の種類
  • 天板の種類:ホーロー

    ホーロー

    ホーロートップは、丈夫で耐久性にすぐれています。お手入れ性ではガラスやガラスコートに劣りますが、他の素材に比べ価格が安いものが多いので価格重視の方におすすめです。

  • 天板の種類:ガラスコート

    ガラスコート

    ガラスコートトップは、ホーロー用鋼板にガラスコートをかけた天板で、鋼板の丈夫さとガラスの光沢感、美しさがあります。

  • 天板の種類:ガラストップ

    ガラストップ

    美しい光沢のガラストップは、強度ではホーローに及ばないものの、耐久性・耐熱性にも優れ、お手入れが簡単で人気の種類です。

  • 天板の種類:アルミトップ/ステンレス

    アルミトップ

    熱を分散させやすいアルミ素材の天板で、バーナーまわりの焦げ付きが起こりにくい素材です。

    ステンレストップ

    業務用のようなシンプルなデザインで個性的な天板です。

    どちらも種類が少なく価格は高めです。

2天板のサイズ(横幅)について

ビルトインコンロの天板のサイズ(横幅)には「60cm」と「75cm」の2種類があります。現在お使いのビルトインガスコンロの天板のサイズを参考に、新しいビルトインコンロの天板のサイズをお選びください。

  • 60cm幅
    選び方:天板のサイズ:60cm幅

    60㎝幅は標準サイズで、75㎝幅と比べて価格が安い傾向です。

  • 75cm幅
    選び方:天板のサイズ:75cm幅

    75㎝幅は60㎝幅と比べ天板の横幅が広い仕様です。60㎝幅に比べて価格は高くなります。

ビルトインガスコンロの本体幅はどちらも同じ

本体幅はどちらも同じ

天板のサイズ(横幅)が、60cm・75cmどちらの場合でも本体の幅は同じなのでどんなシステムキッチンにも設置することができます。

60cm幅と75cm幅で変わることは?

75cmの場合、天板とバーナーの間隔が広く、左右両方のバーナーを使って調理をするときもゆとりがあります。60cmの場合は、調理スペースを広く使えるので、間口の狭いキッチンにおすすめです。

ビルトインガスコンロ 60cm幅と75cmの比較イメージ
75cm→60cmに交換する際の注意点

天板のサイズを狭くする場合、これまで設置していた天板の設置跡が露出してしまうことや、天板上が狭いので大きな鍋を並べての調理がしにくくなるなどが考えられます。

60cm→75cmに交換する際の注意点

天板のサイズを広くする場合、調理用のスペースが狭くなります。また消防法によりレンジフード幅以上のビルトインコンロの設置ができないため注意が必要です。

3ゴトクの種類(素材)について

ゴトクの種類には、ステンレスタイプとホーロータイプの2種類があります。好みに合わせてお選びください。

  • ステンレス
    選び方:ゴトクの種類:ステンレス

    ステンレス素材の明るい色味が特徴のゴトクで、華やかで、スタイリッシュなデザイン性の高さが人気です。

  • ホーロー
    選び方:ゴトクの種類:ホーロー

    ホーロー素材の標準ゴトクで、熱による焼け焦げや傷、飛び散り汚れなどが目立ちにくい特徴があります。

ゴトク:ステンレスタイプの特徴と注意点

ゴトク ステンレスタイプ

塗装がされていないので剥がれることがなく耐久性に優れ、おしゃれなデザイン性も人気です。一方で、加熱により変色してしまう特徴があるため専用クリーナーでお手入れする必要があります。

ゴトク:ホーロータイプの特徴と注意点

ゴトク ホーロータイプ

ホーロータイプのゴトクは、濃い色であるため、キズや飛び散り汚れが目立ちにくく、ステンレスタイプに比べお手入れに手間がかかりません。しかしホーロー素材は古くなってくると塗装がはがれ、錆びてしまうことがあります。

グリルの違いについて

ビルトインガスコンロを選ぶ際の参考に、グリルのサイズやタイプなどグリルの違いについてご紹介します。

1グリルのサイズについて

ビルトインガスコンロのグリルの横幅のサイズには、「ワイドサイズ」と「通常サイズ」の2種類があります。

  • ワイドサイズ
    選び方:グリル:ワイドサイズ

    ワイドサイズの場合、通常サイズに比べ横幅が広くなっています。ワイドグリルの引き出し幅はフルオープンタイプです。

  • 通常サイズ
    選び方:グリル:通常サイズ

    通常サイズの場合、ほとんどの機種の引き出し幅はフルオープンタイプですが、一部機種によっては短いタイプがあります。

グリル:引き出し幅が短いタイプ

※引き出し幅が短いタイプ

通常サイズの一部機種には、焼き網の奥まですべて引き出せない短いタイプがあります。

2グリルのタイプについて

グリルのタイプにはおもに「両面焼き」と「片面焼き」「グリルなし」の3つの種類があります。現在の最新コンロの標準は「両面焼き」です。また現在のビルトインガスコンロのグリルは、水を張る必要のない「水なしタイプ」が標準となっています。

  • 水なし両面焼き
    選び方:グリル:水なし両面焼き

    これまでの上火から焼き上げに加え下火バーナーが搭載され、最新コンロの標準となっています。

  • 水なし片面焼き
    選び方:グリル:水なし片面焼き

    従来のビルトインガスコンロの主流の、上火バーナーのみで焼き上げるタイプです。

グリル:グリルなしタイプ

グリルなしタイプ

ビルトインガスコンロ、テーブルコンロの一部機種には、グリルが搭載されていない機種もあります。

3グリルの快適機能について

  • ノーリツ:グリルクリーンモード
    ノーリツ:グリルクリーンモード

    ノーリツの「グリルクリーンモード」機能は、魚を焼いた後のニオイやべたつきなど、グリル庫内のイヤなニオイをボタン一つで軽減し、他の料理にも気持ちよく使えます。

  • リンナイ:スモークオフ
    リンナイ:スモークオフ

    リンナイの「スモークオフ」機能は、グリル庫内の後方に設置した専用バーナーで、焼き魚などの調理時に発生したニオイや煙を焼き切り、優れた脱煙・脱臭を発揮します。

HOME
Copyright (C) 2003- 蓄電池やエコキュート・給湯器の交換工事なら住設ドットコム All Rights Reserved.