電気温水器とエコキュートの光熱費を比較!

  • 住設ドットコムが選ばれる理由
  • LINEでも 簡単無料見積もり
  • 商品+工事のW保証 あんしん保証
エコキュート交換インフォメーション

営業時間

カレンダー

店舗紹介

光熱費どちらがお得?電気温水器とエコキュートを徹底比較

電気給湯器の電気温水器とエコキュートは、電気でお湯を沸かすという点では共通していますが、お湯を沸かす仕組みに違いがあります。そして、その違いが光熱費の差を生みます。このページでは、電気温水器とエコキュートそれぞれのお湯を沸かす仕組みについて触れながら、光熱費について詳しく解説します。

お湯を沸かす仕組み

電気温水器

お湯を沸かす仕組み 電気温水器

電気温水器とは、貯水タンクの中にあるヒーターを電気で温めることでお湯を沸かす仕組みの給湯器です。消費した電力の分の熱エネルギーが作られることになります。

エコキュート

お湯を沸かす仕組み エコキュート

エコキュートとは、ヒートポンプ技術により大気中の熱でお湯を沸かす給湯器です。
ヒートポンプとは、室外機が吸収した大気中の熱を圧縮して温度を上げる仕組みのことで、エアコンや冷蔵庫にも使われています。電力はヒートポンプの動力として使われ、消費した電力に対して3〜6倍の熱エネルギーが作られます。

電気代の比較

導入にかかる初期費用

電気温水器は貯湯ユニットだけで稼働する一方で、エコキュートは貯湯ユニットの他に室外機が必要です。

そのため初期費用は電気温水器よりも高くなるのですが、それを少しでも抑えるためにお住まいの自治体が実施している補助金制度を利用する方法があります。この制度はエコキュートを設置する前に申請が必要な場合もある点にご注意ください。

給湯にかかるランニングコスト

電気温水器とエコキュートはどちらも電気代が安い夜間に稼働して、ランニングコストを抑える工夫がされています。
しかし、お湯を沸かす仕組みの違いによって電気温水器のランニングコストはエコキュートよりも3〜4倍高いことが下の表からも分かります。

エリア 電気温水器
(年間)
エコキュート
(年間)
北海道電力エリア 約108,000円 約32,400円
東北電力エリア 約80,400円 約21,600円
北陸電力エリア 約82,800円 約20,400円
東京電力エナジー
パートナーエリア
約102,000円 約24,000円
中部電力エリア 約99,600円 約24,000円
関西電力エリア 約86,400円 約20,400円
中国電力エリア 約91,200円 約22,800円
四国電力エリア 約126,000円 約28,800円
九州電力エリア 約78,000円 約18,000円
沖縄電力エリア 約43,200円 約10,800円

参考:Panasonic エコキュート低ランニングコスト ※2019年10月調べ

電気温水器・エコキュートの光熱費比較まとめ

これまでお伝えしてきた内容をまとめると、電気温水器よりもエコキュートの方が光熱費がお得だということが分かりますが、電気温水器にも初期費用が安いというメリットがあります。それらを踏まえて導入をご検討ください。

  • 工事完了までの流れ
  • エリア検索
  • 施主支給で商品を自由に選んでみませんか?

FAXで見積・注文

取付・取換工事費

HOME
Copyright (C) 2003- 蓄電池やエコキュート・給湯器の交換工事なら住設ドットコム All Rights Reserved.